書庫‐T

□生まれ落ちた日
1ページ/2ページ




時々、息が詰まりそうになるこの世界はそれでも――







今日は久々に任務が入っていない事を思い出し、
もう少し横になっていようと寝返りを打とうとした丁度その時。

部屋の外に一つ、気配を捉えた。

いつもならば起きるにはまだ少しだけ早い時間だろうに。
時計を見やれば、まだ六時半を少し回った程度。
落ち着かなげにこちらの気配を伺っている。
かといって声を掛けてくる様子はなく、相変わらず襖の前でそわそわとしている。

一先ず今はまだ声を掛ける様子はなく、寝返り打ち知らぬふりを決め込んだ。



暫くして再び時計を見やれば、目が覚めてから十五分程が経っていた。
気配は未だにそこから動く様子はなく。


「どうかしたのか?」


一体何をやっているのかと多少気になりつつ、流石にこれ以上放っておく訳にもいかず、
襖越しに声を掛ければ、あからさまに驚いている気配が伝わってくる。


「何かあったのか?」

「…っ……あの、さ…えと」


起き上がり襖を開け再度問えば、
目を泳がせながら言葉を吐き出そうとする弟の姿があった。


「…っはい、コレ、兄さんに」


そう言って差し出されたのは、五寸程の、幅の狭い薄い箱。


「オレから……」

「?」


差し出された箱を受け取り、弟の顔を見やれば。
照れているのか、ほんの少し口を尖らせそっぽを向きながら、開けてみれば分かるよと言う。

言われた通り蓋を開けてみれば、そこには折り畳まれた二本の紅い紐が納まっていた。

しかしよく見てみればどちらも紅一色ではなく。
一本は不規則に黒糸が、もう一本は規則的な配列で銀糸が編み込まれていた。
どちらも非常に綺麗な品だ。


「あのさ、…今日、兄さん誕生日でしょ?でも、ほしいものとか、思いつかなくて、」


箱の中を見たまま動かない様子に焦ったのか、サスケは慌てて説明を始めた。


「この前母さんと買い物に行ったとき、かんざし屋さんで見つけたんだっ、
それで、兄さんに似合うと思って、それで……っ」


そこまで言うと声を詰まらせ俯いてしまった。


「………サ」

「ご、ごめんなさい、やっぱりこれ、要らないよね?」


呼びかけた名前は、震える声に遮られ。
しまったと思った時にはもう遅く、肩を震わせ俯く顔から、足元にぽたりと雫が落ちる。


「……サスケ」


弟の肩がびくりと跳ねるのを苦い気持ちで見やる。


「要らなくないよ。」

「………え…?」


漸く不安そうな顔を上げた弟に、出来るだけ安心させるよう静かに言葉を繋ぐ。


「びっくりしただけだよ。今日が自分の誕生日だって、サスケに言われるまで忘れていた。
本当にびっくりしただけだから。だから、要らない訳じゃないよ」


それを聞いた弟は、きょとんとした顔で潤んだ目をしばたかせた。
その顔に、くすりと苦笑を零し、そっと頭に手を乗せる。


「ありがとう、サスケ。大事にするよ」


その一言に先程までの涙は何処へやら、一転してニコニコと笑みを浮かべる弟の、
頬に残る涙を優しく拭ってやりながら、久々に自分の心が暖かくなるのを感じた。


「本当にありがとう、サスケ」

「うん!兄さん――」


居間では母ミコトが朝食の支度が終ったのか、自分たちを呼ぶ声が聞こえる。


「兄さん、だいすきーっ!!」


そう言うやいなや居間に向かって走り去る小さな背中。
思わぬ切り返しに珍しく目を見開き、それから唇の端がじわりと引っ張り上げられる感覚。


「兄さーん早くー!」

「今行くよ」


廊下の角からちょこんと顔を覗かせ、早く来いと急かされる。

寝間着から普段着に着替え、部屋から出る。そしてふと立ち止まり、すぐに部屋へと戻る。
束ねた髪を解き、先程貰ったばかりの箱から黒糸が編み込まれた紐を取り出し、再び髪を束ねた。





「おはようイタチ。あら、よく似合うじゃない。良かったわね、サスケ」

「へへっ」





「兄さん、おめでと!」





嗚呼。
時々、息が詰まりそうになるこの世界はそれでも――




こんなにも暖かい、

己が生まれ落ちた、

この日。





‐END‐
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ