男主(君)と斉木楠雄(僕)のΨ難

君と僕のΨ難な日々。巻き込まれるのは嫌いだが、こんな日常も…嫌いじゃない。と思いたい。


自分が夢主だということを自覚している男主と、そんな男主に絶対恋したくない斉木楠雄の恋愛(?)ギャグ小説です。

頭が燃堂な方もとい、なんでも許せる方のみご覧ください。
※本編を読む前に、解説をお読みください。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ