好きだからこそ


銀時との子供を身篭ったヒロイン。


しかし、銀時は子供が苦手ということを知っている彼女はそのことを伝えそびれていた。




※銀時浮気表現あり


表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ