青い薔薇が咲いていた。

特に花に興味があったわけじゃないけれど、何故かその花に興味を持った。

青い薔薇なんてこの世界にあっただろうか……。あったとしても珍しい。

きっと高値で売れる。

でも……この花を売るのか。なんか寂しい。

寂しい……?何故?自分でも分からない。この花は、一体何なのだろう。

そっと手をのばすと、花はもうそこには無い。幻覚だったんだ。

そろそろ帰ろうと視線を上げると、そこはよく知った世界ではなかった。

自分以外知らないものばかり。ここに取り残された…………孤独。
記録-盟主の日記のようなもの-
無意識†Lonelinessとは

古より伝えられた文書

会話の場所



ブックマーク|教える
訪問者196人目




©フォレストページ