翡翠

           


君と出会わなかっら
温もりがこんなにも心地いいことも
毎日がこんなにも楽しいことも
傍に誰かがいてくれる喜びも

なにひとつ、分からないままだったんだと思うんだ。
おはなし


ブックマーク|教える
訪問者5585人目




©フォレストページ