*紅き瞳の番外編*



「夜海ってさあ...」


「何ですか?」


「何で髪の毛伸ばしてんの?」


「どうして今更そんなことを」


「だって結構長いじゃん
男の子なのに嫌じゃないの?」


「...これ、誰かさんが
僕の何かに気づいてくれるまで
伸ばし続けるんです。」


「へ? 誰かさんって誰?」


「秘密でーす」


「ぶう...
でも私、夜海の髪好きだなー」


「そうですか」


「うん!
ちょーきれいっ!!」



(誰のために伸ばしているのか)

(君は一生気づかないかもね)

(僕の想いが君に届くまで)

(伸ばそうと決めたこの髪は)

(もう腰まで届いてしまったよ)




『気づいてほしいなんて勝手な願望』



.






[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ