短編

□鎖昴
1ページ/1ページ



僕は、友達なんていらない。


・・・だって、もし友達ができてその人が大事な人になっても・・・結局裏切られるから。


あんな辛い思いはもうゴメンだ。


裏切られるくらいなら・・・最初から友達なんていなければいい。


仲良くなればなるほど、大事な大切な人になればなるほど・・・裏切られたときは・・・・・・痛いんだ。


ココロに深く抉るように、絶望が体の中に入り込んでくる。



ツライ、イタイ、ツライ、イタイ、ツライ、イタイ、ツライ、イタイ、ツライ、イタイ、ツライ、イタイ、ツライ・・・・・・



・・・・・・苦しいよ。



・・・・・・なんで、



・・・なんで僕にウソついたの?



・・・なんで裏切ったの?




・・・・・・父さん。






一番大切な人に裏切られた・・・



・・・・・・ウラギラレタ



ヤクソク・・・シタノニ・・・



カエッテクルッテ・・・イッタノニ・・・・・・




・・・・・・だから、独りでいい。



独りはこれ以上失わなくて、いいから。



・・・・・・ウシナワナクテ・・・イイカラ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ