おゆうぎのじかん 催眠音声


本当は、わかってるんでちゅよねー?こんなことで感じてちゃダメだって、幼児扱いされて興奮してるなんておかしいって…
トップページ > おゆうぎのじかん 催眠音声

おゆうぎのじかん 催眠音声


おゆうぎのじかん




やりました、マゾ男性向けの催眠音声「おゆうぎのじかん」。幼児化調教プレイと言うかなり濃い内容の催眠音声です。

説明書きにも記載のある通りですが、非常に心身に負荷がかかります。。。まあ、疲労が溜まっているとかはさておき、これから仕事の方がこれをやっては完全に終了ですね。そんなことは言わなくても分かる話ですが。。

誰も来ない部屋で(当たり前だ)一人だけでゆっくりと布団の上、ベッドの上などで横になり、これを使ってみてください。

自分が駄目になっちゃう、もしくは怖い、そう感じたらやめても良いんです。ただし至高の快感は得られずじまいとなります。

幼児扱いされて屈辱的なのに感じちゃう。どんどん倒錯の正解なのか現実の世界なのか分からないけど、声にあわせて反応しちゃう。

ママの言いなりになって僕は声で犯されるのだ・・。素直な気持ちで全てママの言う通りに進んでいけば、何にも不安なんて無いんですよ。感じるポイントをママに弄られて、ついには昇天してしまうなんて。さあ、ようこそ催眠音声「おゆうぎのじかん」へ!



・声優:椎那 天様

・イラスト:坂松そるべ様 

・スクリプト、編集:キャンドルマン



おゆうぎのじかん



体験版はこちらから

おゆうぎのじかん体験版


おゆうぎのじかん体験版

by DLsite


メニュー

タイトル名入力
催眠オ●ニー
催眠オ●ニーは、一言でいうと
「横になって目を閉じて音声を聞くだけで、催眠状態にかかってしまっていつもよりも気持ちよくなってしまう」
というちょっと信じられないような、オ●ニー体験です。
音声を聞いているだけで、催眠状態になる。
これは少し不思議で非日常的ですが、体験してみると中々気持ちの良いモノです。
まずは「催眠」の基本的な仕組みを理解して、安心して催眠に身を委ねられるようになりましょう。
kisochi
催眠術は、普段自分がコントロールしている意識(顕在意識)の奥に存在する「無意識」に語りかける事で、言葉によって感覚や運動をコントロールできるようにする技術と言われています。
例えば、ちょっと前の日に夜更かししてしまった朝。
通勤電車の中で席に座って揺られていると、心地よさにうつらうつらしてしまいました。
夢まで見かけるほど眠ってしまっていても、降りなければならない駅に到着すると「ハッ!」と目が覚める。この時、あなたの「意識」は駅に着くことを意識していたでしょうか?
「xx駅で降りなければならない」
といった「意識」の強い思いこみに連動して、「無意識」が駅の到着に気づき目をさまさせた、という風に考えることができます。
基本はこの「無意識」と呼ばれる私たちの中に存在する意識領域に語りかける事で、手が固まってしまったり、昔の自分に返ったり、普段とは違う自分になってしまったりする、と言われています。
通常の生活をしている時は、コントロール可能な意識である顕在意識が多くの情報を受け取り処理を行っています。
「手を動かしたい」と思えば、思い通りに手が動く。
「白いもの」を見ていると、「白だ」と思う。
これが普段の状態です。
この通常の状態に対して、顕在意識が情報を受け取らず、無意識に直接情報が届く状態が「催眠状態」と言われています。
催眠術者が他人を催眠状態に導くためには、通常の生活で表に出ている「顕在意識」による情報認識を弱くする必要があります。
そのための準備を「導入」もしくは「誘導」と呼びます。
目の前で5円玉やライターをゆらし、「あなたは段々、眠くな〜る」といった事を男の人が低い声で語りかけるというイメージの強い催眠術ですが、音声催眠でも殆どの作品がこの「導入」を行うための「導入パート」からスタートします。
催眠音声作品の導入パートを聞いていると、だんだんとボンヤリとするような感覚で体が満たされていきます。
ただ、音声を「聞いているだけ」なのに、段々と体の感覚がいつもとは違うように感じてきます。
ちょっと気だるい感じになるかもしれません。
綿に包まれているような気分になるかもしれません。
手や足がグーンと長くのびて、遠くにあるような感覚がするかもしれません。
小さな部屋にいるはずなのに、天上や壁がずっと向こうにあるような気になることもあります。
言葉を聴きながら拾っていくことで、普段の意識が言葉によって生み出されたイメージに誘導されてだんだんと透明な状態になり、情報が無意識にたどり着きやすくなります。
この導入パートを聞き終える頃、脳は無意識を開放し、言葉によるイメージや指示である「暗示」を受け入れやすい状態になっています。
これが催眠音声作品の持つ、大きな特徴です。
また、意識の状態を戻すために、催眠音声作品の最後のパートには催眠状態を解除するためのパート、「解除音声」が含まれています。解除音声を聞くことで、力を弱めていた顕在意識が再び力を取り戻します。作品を体験する際は、最後まで聞き通すようにしましょう。また、もし聞きながら眠ってしまってたとしても、目覚めるときにはいつものように目を覚ますことができますのでご安心ください。
junbi

催眠音声の特性が理解できたところで、実際に体験してみましょう。
もちろん、このサイトで取り扱っているのはオ●ニーに特化した催眠音声作品ですので、Hな内容が含まれます。その辺もぬかりなく準備する必要があります。
催眠オ●ニーは、一言でいうと
「横になって目を閉じて音声を聞くだけで、催眠状態にかかってしまっていつもよりも気持ちよくなってしまう」
というちょっと信じられないような、オ●ニー体験です。
音声を聞いているだけで、催眠状態になる。
これは少し不思議で非日常的ですが、体験してみると中々気持ちの良いモノです。
まずは「催眠」の基本的な仕組みを理解して、安心して催眠に身を委ねられるようになりましょう。
kisochi
催眠術は、普段自分がコントロールしている意識(顕在意識)の奥に存在する「無意識」に語りかける事で、言葉によって感覚や運動をコントロールできるようにする技術と言われています。
例えば、ちょっと前の日に夜更かししてしまった朝。
通勤電車の中で席に座って揺られていると、心地よさにうつらうつらしてしまいました。
夢まで見かけるほど眠ってしまっていても、降りなければならない駅に到着すると「ハッ!」と目が覚める。この時、あなたの「意識」は駅に着くことを意識していたでしょうか?
「xx駅で降りなければならない」
といった「意識」の強い思いこみに連動して、「無意識」が駅の到着に気づき目をさまさせた、という風に考えることができます。
基本はこの「無意識」と呼ばれる私たちの中に存在する意識領域に語りかける事で、手が固まってしまったり、昔の自分に返ったり、普段とは違う自分になってしまったりする、と言われています。
通常の生活をしている時は、コントロール可能な意識である顕在意識が多くの情報を受け取り処理を行っています。
「手を動かしたい」と思えば、思い通りに手が動く。
「白いもの」を見ていると、「白だ」と思う。
これが普段の状態です。
この通常の状態に対して、顕在意識が情報を受け取らず、無意識に直接情報が届く状態が「催眠状態」と言われています。
催眠術者が他人を催眠状態に導くためには、通常の生活で表に出ている「顕在意識」による情報認識を弱くする必要があります。
そのための準備を「導入」もしくは「誘導」と呼びます。
目の前で5円玉やライターをゆらし、「あなたは段々、眠くな〜る」といった事を男の人が低い声で語りかけるというイメージの強い催眠術ですが、音声催眠でも殆どの作品がこの「導入」を行うための「導入パート」からスタートします。
催眠音声作品の導入パートを聞いていると、だんだんとボンヤリとするような感覚で体が満たされていきます。
ただ、音声を「聞いているだけ」なのに、段々と体の感覚がいつもとは違うように感じてきます。
ちょっと気だるい感じになるかもしれません。
綿に包まれているような気分になるかもしれません。
手や足がグーンと長くのびて、遠くにあるような感覚がするかもしれません。
小さな部屋にいるはずなのに、天上や壁がずっと向こうにあるような気になることもあります。
言葉を聴きながら拾っていくことで、普段の意識が言葉によって生み出されたイメージに誘導されてだんだんと透明な状態になり、情報が無意識にたどり着きやすくなります。
この導入パートを聞き終える頃、脳は無意識を開放し、言葉によるイメージや指示である「暗示」を受け入れやすい状態になっています。
これが催眠音声作品の持つ、大きな特徴です。
また、意識の状態を戻すために、催眠音声作品の最後のパートには催眠状態を解除するためのパート、「解除音声」が含まれています。解除音声を聞くことで、力を弱めていた顕在意識が再び力を取り戻します。作品を体験する際は、最後まで聞き通すようにしましょう。また、もし聞きながら眠ってしまってたとしても、目覚めるときにはいつものように目を覚ますことができますのでご安心ください。
junbi

催眠音声の特性が理解できたところで、実際に体験してみましょう。
もちろん、このサイトで取り扱っているのはオ●ニーに特化した催眠音声作品ですので、Hな内容が含まれます。その辺もぬかりなく準備する必要があります。


ブックマーク|教える
訪問者1157人目




©フォレストページ