式神方程式

 陰陽師の弟子になった僕こと清水炎魔はある時少女の妖怪と出会った。毒舌で、人をからかうのが好きで、でも憎めない、そんな妖怪と。しかし、彼女の笑みはどこか儚げで、今にも壊れてしまいそう……。僕はそんな彼女の笑みが忘れられなかった。
彼女にまた会いたい。会ってまた話したい。
そんな願いを神様は叶えてくれたのか、僕は彼女の取り巻く環境に足を踏み入れることになった。その後自分がどんな目に遭うのかを知らずに……。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ