Station sleep in forest…
ここは深い深い森の中
歩いて居ると灯りがひとつ
近づいてみると…
そこあるのは小さな駅だった

ガタンガターン…

おや…?電車の音がする

見えてきたのは赤いペンキの塗られたとても小さな木列車

プシューーー…
ガコン、

止まった列車の運転席の
小さな窓から
茶色いふかふかした
ビー玉みたいな黒い目の熊がでてきた

『さ、乗って…
乗り遅れないように…
僕と一緒に長い旅にでよう』

プルルルルーー

発車のベルだ、
行かなきゃ

プシューーーガッコン

電車に乗ると
ピーーーっと発車の合図
おもちゃの笛みたいだ

チーンチーン、
ガタンゴトーン

私を乗せて走る

ガタンゴトーン
ガタンゴトーン

どこまでも
乗車マナー

森の運転主

行進_履歴

きのこニッキ

『巨人のいる街』

『古い大きな森』

『変わった不思議な家』

『小さい街』

Sketchbook


ぴ ん ぽ ん ぱ ん ぽ ー ん
もこ茶熊「ただいま、大きな駅が14つと古い駅が2つと変わった駅が1つ、小さな駅が2つあるよ!」


12/29
長編第14話「親子と絆」
番外編「教えて☆リヴァイ兵長!!」
更新!!


ブックマーク|教える
訪問者43084人目


進撃rank104期生


©フォレストページ