機動戦士ガンダムSEED Destiny ザフト編(完)

物心ついた時には、こんな在弱な身体が嫌いだった。

兄のようにできない女の自分も嫌だった。

コーディネーターなのに。

「ナチュラルみたいね」

言葉が突き刺さる。

そんな中救われたのは、若草色の太陽と、アイスブルーの瞳。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ