鬼と血の楔

来てくれてありがとうございます。
☆あらすじ☆
京に来た真琴はやらなければいけない任務があった。
あいつらのいいなりになるのに嫌気を感じていたが、大切なものを護るために仕方なく実行していた。日本がどうなろうとどうでもいい、と。
しかし、彼は出会ってしまった。
  『本物の武士』というものに…。
※尊王攘夷派を悪役にしてあります<(_ _)>
※歴史には影響のない薄桜鬼独自の話が書きやすさの関係で逆さになっている場合があります。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ