掃除屋-JET CLEAN-


東方の小国より放たれた破壊兵器・殼砲(カクホウ)により、地球規模で壊滅的なダメージを受けてから、早10年。


混乱の中で国境は消え、各国の首席は地位を失い、代わりに企業が経済を発展・進化させていったが、治安は悪化の一途を辿る。


殼砲の傷跡が残る中、世間でも評判の掃除屋がいた。



その名は、『JET CLEAN』──



“ビルの階段から大邸宅の掃除、必要とあらば不安要素の解決まで何でもござれ!”が宣伝文句の彼らに、今日も依頼がやってくる。


暗鬱な世界と、請け負った運命の中、毎日を強く生きようとする掃除屋二人のSFラブストーリー。


『掃除屋 -JET CLEAN-』の分岐点に戻られる場合はこちらへ→掃除屋-JET CLEAN-

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ