Nobel

□雨
1ページ/1ページ

しとしと草木を濡らす音がして、ぼんやり外を眺めた。

「今日も雨…か」

こんな日は頭が痛くなる。

胸も苦しい。


ため息を一つ吐いて布団へと戻り、頭まで布団を被った。


雨は好きじゃない。



もう今日で何日目だろうか。


いつまで雨は降り続けるのだろう。



こんなにも、濡らして。









…ああ、そうか。

泣いてるんだ。


泣けない自分の代わりに、

泣いているんだ。









ねぇ、どうしてお前














死んだの…?







*あとがき*
意味わかんねー(^ρ^)←
突発過ぎて小話とも言えないですねorz
がんばります…!

お付き合い頂き、ありがとうございます★



2009/08/14 虎桃ソラ
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ