【 蒼を泳ぐミラ(番外編) 】



醜い嘘を聞きたくないと塞いでいた耳を解放すれば、懐かしい人達の笑い声がした。

真実を見るのが怖くて閉じていた目を開けば、大好きな人達の笑顔があった。

相手を傷付けたくないと一文字に結んでいた口を広げれば、ただ愛する人の名前を呼んでいただけだった…。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ