【 ホワイト・ラブ(番外編) 】



たくさんの別れ路(みち)があった。

選んでも立ち止まったり、途中で振り返ってしまったり、結局後戻りしたり、躓(つまづ)いて転んでもなかなか立ち上がれなかったりもした。

そうやって、苦しみながら最後に選んだ1つの路は…アナタへと続く、タダシイ路でした。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ