1

□案内人の少年
1ページ/1ページ



 寒い、暑い
 季節感のないこの空間はいつでも適温だった
 だからなのか、まったくリアル感と時の流れを感じなかった

 空はどこまでも澄んでいて、森は風に揺れて音を立て、水は底が見えるほどに透明だ
 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ