オレガノ×ビアンキ


「オレガノ、またお酒がキレたわ」
「もうダメよ。飲み過ぎ」
「いいから!」

今日はせっかくの休日だっていうのに、朝から天気は大荒れ。
仕方がないから家の中でのんびり過ごそう、と思った矢先に、今度は大荒れのこの子が来た。

事情を聞けば、原因はリボーン。(まぁそれしか無いわね)
やけ酒にやけ食いで、部屋の中まで大荒れ。
狭いテーブルの上にビン、缶、おつまみの包装、ティッシュ、et cetera…。

「ビアンキ?いい加減にしないと…」
「わかってるわ。怒るって言いたいんでしょ」
「ハズレよ。体壊すわよって言いたいの」
「……」

こんなのは毎度のことだ。
彼女が何かと傷心するたびに、私の楽しみを飲んで食べて散らかして…。
もう慣れっこよ。怒るも何も無いわ。

そして、こうして好き放題やった後…

「オレガノ…先にシャワー浴びてきて」


最後に『私』を求める。

ビアンキは私の手を握ると、自分の口元へと持っていき、指先にキスをした。
これは彼女のサインだ。
そのまま指をくわえて、吸って、舐め上げて、意地悪く、微笑む。

「ベッドの上で慰めてくれるんでしょう?」


彼女は私に依存している。


「…わかったわ」


けれど、その顔に、唇に、舌に…、誘惑されて拒めない私は、その依存に依存している…。

きっと"彼"もこの事を分かっているのね。
…酷いひと。





リリスドラッグ




拍手ありがとうございました!!m(_ _)m


コメントよろしくお願いします^^(お返事はre:にて)



[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ